スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Acidman

acidman

iTunesの整理整頓にはまっているのだが、Cover flow表示が好きだ。
いろいろなアルバムのアートワークを見ていると楽しい。素敵なデザインがたくさんあるから。
ACIDMANのand worldは、CDを元にしたデザイン。

rumania montevideo

rumania mania


rumania montevideoのrumania maniaというアルバムのジャケット。
「Still for your love」という曲が某アニメの主題歌になって、1999年ごろにちょっとヒットしていた。いわゆる一発さんなのだが、このCDジャケットはなかなか好き。
駅のホームに並んだカラフルな椅子とrumaniaという単語が、無国籍なようでいて実は日本にあっても違和感なさそうな写真。どこかの片田舎の古ぼけた駅にこんなカラフルな椅子があった、ちょっとびっくりした、とかそういう印象。きっと蛍光灯はチカチカしてることだろう。
懐かしさと、そっけなさと、非現実感と暗さと、不穏な気持ちももしかしたら感じるかも。妙な引力がある気がする。

ちなみに、「Still for your love」という曲は悪くなかったような。他の曲は聞いたことないけど。ボーカルの女の子がドラムを叩いていてわりとおもしろそうな感じだったのだけど、アニメの主題歌ってことと、ビーイング系っていうマイナスの相乗効果がもったいなかった。
rumania montevideoっていうバンド名も結構かっこいい。

あの、燃えてますよ・・・?

Wish You Were Here


PINK FLOYDの「Wish You Were Here」という作品。
スーツ着たおっさんが握手してるのはいいとして、かたっぽが燃えてらっしゃいます。
スーツ着て握手。
倉庫?
青い空がきれい。
普通に影がのびている。
そして火がきれい。
燃えてるのにどうして普通に握手してるんだろう。

PINK FOLYDのジャケットでスーツ着たおっさんが握手してる、っていう違和感、スーツ着たおっさんが倉庫の間で握手しているっていう違和感、燃えているのに握手しているっていう違和感。
こんな違和感のなかで、青い空と影と、燃える火っていう自然が普通に存在してるっていう違和感。
青い空や影や火が人工的に見えてくる。

自然を重ねたことによって違和感の積み重ねが加速する。

ジャケ買い

Q

これは、「Q」という雑誌が2001年に発行したもので、2001年までに発表されたレコード/CDジャケットのうち、デザイン的に優れたものを100枚発表しようという企画もの。
ディテイルはこちら。

BEST100のうち、かっこいいなと思ったデザインの1つがこちら。
Tonight You Are the Special

Earl Brutusというバンドの「Tonight You Are the Special」という1998年に発表された作品のジャケット。
これはかっこいい。2台の車がホースでつながれていて、互いに排気ガスを送りあってるっていう。
ホースが黄色かったり、車がおもちゃっぽかったり、一見かわいいのに、よく見るととてつもなくシニカル。
どんな音楽をやっているのか、聞いたことないけれど、これだったら、ジャケ買いしたくなるかも。

ちなみに車はJEEPとBMW。

nevermind

NEVERMIND

NIRVANAの超名盤「NEVERMIND」のジャケット。
そろそろネタ切れっぽい感じになってきた…
ふつうにかっこいいけど。
でもこれは、デザインっていうより、NIRVANAがかっこいい&このジャケットがあまりにも有名・・なため、純粋にジャケットのデザインをどうこういうには既存の知識とかがバイアスになる気がする。

とりあえず…
青の美しさに惹きつけられる!
水っていうこのすごい流動的な背景が美しい。
タイトルのNEVERMINDまで揺らめいちゃっている。
うん、キレイ。
そして、裸の赤ん坊が糸のついた$1札を追いかけてるっていう皮肉っぽさ。
こんなに美しい背景で、こんなに身も蓋もないことを見せるっていうのがNIRVANAらしい。
「所詮は金かよ!」っていいたいのだろうか・・?
やっぱりかっこいい。

音楽のほうがもっと最高なので聞いたことなかったらぜひ聞いてみていただきたい。

rage against the machine

rage against the machine

レイジアゲインストザマシーンをご存知ですか?
もう解散してしまったが、政治色が強いのにも関わらず、やたらとかっこいいバンドだった。
これは、彼らの1stアルバムのジャケット。

デザイン的にかっこいいものを分析するのが趣旨のブログだが、これはデザインをどうこういう前に、衝撃的であったのでご紹介。

火があまりに美しいのでそこまでリアルではないが、この写真はベトナム戦争に反対して全身に油をかぶり焼身自殺をした僧侶の写真である。もちろん本物。

あえてデザインという枠の中で考えるのならば、「表現したいものはなんなのか」それが表現するということの大前提だとしたら、これほどに強いデザインがあるだろうか。
プロフィール

noname

  • Author:noname
  • [かっこいい]ってなんなんだ?[かっこいい]を分析する


最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。